バーチャルオフィスの便利なサービスを紹介!コスト削減も実現可能

窓際のデスク

起業すると決意したら次はバーチャルオフィスの検討を始めましょう

広々したデスク

個人やフリーランスでお仕事をされている方で、住所を伝えるときにご自宅住所を知られたくない、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。かといって事務所を賃貸するのは費用面で折り合いがつかない場合、「バーチャルオフィス」を検討してみてはいかがでしょうか。バーチャルオフィスとは、特定の住所を賃借りし、その住所を名乗ってビジネスをすることができるサービスをいいます。バーチャルオフィス事業を行っている事業者によってそのサービス内容には違いがありますが、郵便物の受け取りと転送、固定電話の設置とその転送、電話代行を含むことが多く、会議室やコワーキングスペースの利用サービスも行っている事業者もあります。
お取引先との名刺交換でよく住所が話題に上ります。住所はお取引先にとって相手先の将来性をみるうえでの大きな判断材料となるからです。とはいっても、都会の中心部に物理的にオフィスを借りるのはなかなか無理な相談です。一方バーチャルオフィスだと敷金礼金などが不要で、初期の設備費用も不要、かつ月々のコストも圧倒的に低く抑えられます。
サービス内容によっては有能な秘書並みの仕事ぶりとなることもあります。さらなる事業の展開を考えるうえで積極的なバーチャルオフィスの利用のご検討をおすすめします。