バーチャルオフィスの便利なサービスを紹介!コスト削減も実現可能

窓際のデスク

便利なバーチャルオフィスの様々な機能を活用してみよう

イスと観葉植物

在宅ワークができる仕事が普及してきたことにより、オフィスや作業場がなくても自宅や好きな場所で働く人が増えています。
しかし、働く場が自由に選択できたとしても、様々な理由から事務所が無いと困ることがあったりします。そんな、事務所が無くて困るというときには、事務所の機能を使うことができるバーチャルオフィスを契約して、必要な機能を使ってみましょう。
バーチャルオフィスは、仮想オフィスという意味で、その名の通りバーチャルなオフィスを借りることができるサービスです。
実際のオフィスを借りるのではなく、登記を行うときの住所を利用したりするためにバーチャルオフィスを契約するのが一般的となっています。
働く場所は色々な場所で済ませられても、事務所の住所や、事務所特有のその他サービスを受けるには、やはり事務所を構える必要がありますが、バーチャルオフィスならば、実際に事務所を構えることなく、自分が使いたい機能だけを選んで使用できるので、とても便利です。
バーチャルオフィスは、住所利用だけでなく、電話番号やFAX番号が利用できたり、経理を行ってくれるサービスなど、様々なサービスがありますから、色々な機能が使えるバーチャルオフィスを是非、契約してみてください。

法人登記にお困りならバーチャルオフィスを利用しよう

特定の仕事用のスペースを必要としない業種はいくつかありますが、そういう場合法人登記の際に困ってしまう場合も多いです。
自宅の住所を法人登記の住所として使用するという手もありますが、これはあまり推奨されません。
というのも、プライバシーの観点から見て問題があるからです。
徳に女性の事業主の場合は、プライバシーに気を遣っている方が多いので、より躊躇してしまうのではないでしょうか。
また、そうでなくとも、そもそも自宅の住所を法人登記の際に使用することが認められない場合もあります。
とはいえ、法人登記のためだけにオフィスを借りるというのも勿体ないですし、コストがかかり過ぎます。
そういう場合に役立つのが、バーチャルオフィスのサービスです。
事業で使用する住所のみをレンタルできるバーチャルオフィスのサービスなら、数千円で済むため気軽に利用することができます。
ただし、バーチャルオフィスサービスを提供している運営会社によっては、バーチャルオフィスの住所を法人登記に使用することを禁止している場合もあります。
なので、法人登記のためのバーチャルオフィスを利用しようと考えているのなら、まずは法人登記に使用することが認められているかどうかを確認しておきましょう。

バーチャルオフィスには月数回オフィスとして利用できるプランもある

バーチャルオフィスが住所貸しサービス、郵送物や電話の転送サービスが利用できるというイメージが強いと思います。賃貸オフィスと比較し、バーチャルオフィスを利用することで大幅な固定費支出を抑えることもでき、事業拠点として住所が必要、営業窓口が必要という際には高いコストパフォーマンスを得ることができます。また、会議室が無料もしくは少額で利用できることも多く、打合せを行う際にも便利です。
ですが、バーチャルオフィスいわゆる仮想ということもあり、オフィスが一時的に必要な際にはメリットがないと思っていませんか?月数回の出張で作業スペースを確保したいというニーズに対応ができないと考えてしまいますが、バーチャルオフィスは規定回数までオフィスを利用できるプランもあります。そのため、東京や都市部の出張が多いという際には臨時、もしくはその日限定での営業所を確保することができます。バーチャルオフィスといってもシェアオフィスやコワーキングスペースも運営しているため、オフィス環境は整っています。そのため、パソコンを持ち込むだけで作業ができ、書類などの印刷も可能です。さらにインターネットも完備しているため、出張時のネット環境確保に困ることもなく、営業担当者にとって会議費用や、待機時の費用負担を気にすることもないのがバーチャルオフィスの魅力になっています。

このように、便利なバーチャルオフィスを利用したいのなら【ユナイテッドオフィス】がオススメです。リラックスして仕事ができるような環境が手に入りますから、ぜひ利用してみてください。